黒い太陽について 情報一覧 >黒い太陽の主人公


黒い太陽の主人公

昨年夏、テレビ朝日系で放送された人気ドラマ「黒い太陽」。先日「黒い太陽’07スペシャル」として一夜限りの復活を果たしましたよね。
地方の方はこれからの放送となるので楽しみにしていてくださいね。
今日はそんな人気ドラマ「黒い太陽」の主人公についてご紹介いたします。

永井大さん主人公の名前は「立花篤」。もともと建築士を目指していましたが、父が病気になり治療費を稼ぐために夜の世界へ身を投じました。
彼が最初に働いたのは藤堂グループの「ミントキャンディ」です。そこで働く千鶴が親の借金を返済するためにホステスとなったことに共感し、好意を持ち始めます。彼女をナンバー1にしてみせると誓い、見事にミントキャンディの店長にのぼり詰めます。しかし、藤堂グループの社長であり、風俗王と呼ばれる藤堂猛は立花のことを後継者として指名した、ピンクソーダーの店長長瀬のかませ犬と見ておらず、主人公は次第に藤堂への復讐心を燃やすようになります。藤堂に近しい千鶴にも結局裏切られ、店をやめた主人公。1年後、キャバクラ「レッドフェニックス」をオープンさせオーナーとして藤堂へ挑む。一度は勝利を収めるが、売春斡旋の容疑で逮捕されてしまいます。しかも、移送のために警察車両へ乗る直前に元同僚に刺されてしまいます。
ここでいったんドラマは終わります。先日放送されたスペシャルでは、新宿歌舞伎町のキャバクラの調理人として働いている場面からスタート。再びキャバクラのオーナーとして「One・Point」というお店をオープンさせた主人公は、藤堂グループを倒すことに執念を燃やしピンクソーダーからホステスを次々と引き抜いていきます。風俗王藤堂に立ち向かう主人公、今度こそ藤堂を倒すことができたのでしょうか。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。