黒い太陽について 情報一覧 >黒い太陽原作


黒い太陽原作

昨年放送された永井大さん主演の人気の深夜ドラマ「黒い太陽」。黒い太陽2007スペシャルとして一夜限りの復活を果たしましたよね。
今日はその原作についてご紹介いたします。

黒い太陽の原作、実は新宿歌舞伎町のキャバクラ店長も思わず絶句したほどリアリティあふれる作品となっています。
キャバクラに行ったことがない人でも、この本を読むと業界の表はもちろん裏側まで分かってしまいます。
キャバクラに行ったことがある人は、リアリティがありすぎて、逆に行きたく無くなるかもしれませんので要注意です。
また、キャバクラを経営しようと考えている人は、この作品を読んで、いま一度、じっくり考えてみるとよいでしょう。どんな世界もそうですが、経営するには大変な努力と苦労が伴います。皆さんが考えているほど甘くはないということを思い知るでしょう。

さて、ストーリーについてご紹介します。
主人公は池袋のキャバクラで働く新人黒服の立花篤です。彼は乳の入院費用を稼ぐため、水商売の世界へと足を踏み入れました。夜の世界を嫌悪していた立花は、家庭の事情で夜の世界の住人となったナンバー1キャストの千鶴を店での唯一の救いとし、同じく千鶴も密かに立花に好意を抱いていていました。風俗王と呼ばれる藤堂にその才能を見込まれ、ホール長である長瀬に刺激を受けた立花はやがて夜の世界の魅力に取り憑かれていきます。しかし、立花は同僚の執拗な嫌がらせにあい、さらに夜の世界の虜となった立花から次第に距離を置くようになった千鶴の前から去り、渋谷で新たなキャバクラを立ち上げます。そして風俗王のいすを藤堂から奪うべく主人公は黒い太陽と化していきます。

機会があれば是非原作も読んでみてくださいね。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。