黒い太陽について 情報一覧 >黒い太陽 永井大インタビュー


黒い太陽 永井大インタビュー

2006年に永井大さん主演で話題を呼んだテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「黒い太陽」。
先日、黒い太陽’07スペシャルも放送されこちらも話題になりました。
今日はその黒い太陽で主役を演じた永井大さんについてご紹介致します。

黒い太陽は主人公立花篤がキャバクラのボーイからはじめて、夜の帝王になりあがっていくという物語です。
’07スペシャルでは前作以上に非情で冷酷な男として登場します。
人を道具として扱うその非情さに最初永井さんはとまどいがあったそうです。しかし、一歩間違えば死ぬかもしれない、そんな立場になれば非情になりきれる、また、男として逃げずに立ち向かっていく立花に元気をもらえると振り返っています。
昨年の連ドラの撮影時には2日で6キロの減量に挑戦したそうです。どれくらい役にかけているか自分との闘いだったと語る永井さん。
永井さんに大きな影響を与えたのは砂の器で共演した渡辺謙さんなのだそうです。「演技で謙さんと勝負しても勝てない。気持ちや肉体的な部分で何か一つ自信を。」と語る永井さん。この黒い太陽はそれだけ思い入れの強い作品ということでしょう。
今回のスペシャル、通常の連ドラと違って二週間の撮影スケジュール、それだけ短い時間で立花を演じきれるか不安もあったそうです。ようやく立花を分かってきた、というところで撮影が終わってしまって寂しいと語る永井さん。スペシャルではまとめきれない立花の魅力、また連ドラで演じてみたいと意欲を燃やしていました。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。